FC2ブログ

【ものづくりの視点】リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン

アネストワンでは、「時を経ても色褪せない空間」をコンセプトに、中古マンション・中古住宅をリノベーションして「自分らしい暮らし」のできる空間を提案しています。

木工所探検その2 

お待ちかね、木工所探検その2です
じりじりと暑さがしみる気候になってきました、みなさんいかがお過ごしでしょうか


今回は機械や資材をご紹介します


こちらはプレス機
たとえば建具の芯材と面材をサンドイッチして接着するときなんかに使います
大きいです、4メートル前後くらいありますでしょうか、実際に使っているところを見てみたいです
mokkou (1)

そしてこちらもプレス機の一種です
建具の小口部分などに、熱を加えながら圧力をかけられるそうです
mokkou (5)

上の機械のスイッチです
どこかに電話がかかりそうなネーミングです
目盛やロゴが " THEインダストリアル " な感じで秀逸です
mokkou (4)

そしてこちらは建具の芯材に使われる材料ですが、とにかく長くて大量です
材木から切りだして乾燥させただけの荒々しい風貌です
mokkou (2)

違う角度から見たところです
いいです、いい感じの断面です、壁紙にしたいくらいです
mokkou (3)


実際の工事現場ではなく、現場へ納入されるものがつくられている工場は
とても面白く、興味をそそられる場所でした

アネストワンに工事のご依頼をいただいている方、または検討されている方
興味のある方はご案内させていただきますので是非お声掛けください
※勝手に言っていますが、了承していただけるはず・・・です



施工管理 / 齋藤卓哉



リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン




[ 2016/05/31 17:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

歴史をつむぐ 

先日お引渡しをさせていただきました、S様邸。

いつごろかかれたものでしょう。
あらわしの梁には、こんな墨書きが。

s_004_20160530192725022.jpg

黒々と力強く、なにより読みやすい!
眼光するどく、かっぷくのよい職人さん(寺内貫太郎みたいな)の手によるものか?
と勝手にプロファイリングをはじめます。

S様邸、訪れたスタッフみんなから、「いいため息」が漏れひろがる仕上がりとなりました。

s_033 (1)

吉村障子もすてきでしょう?


お庭からお部屋を。

s_090.jpg

あたたかみにつつまれながら、タテヨコのラインが小気味よくつながります。

この住宅の時間と歴史が感じられるからこそ、
縁側で「ふぁ~・・・」と安心感がでてしまうのでしょう。

なにより、Sさまにとてもお似合いの仕上がりとなりました。
また、お庭が完成するころおじゃましたいなと思っています。

柿のなるころでしょうか?

小木曽 健

リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン
http://www.anestone.com/

[ 2016/05/30 19:29 ] リノベーション | TB(0) | CM(0)

おいしいパン屋さん 


この度、アネストワンで、内装のお手伝いをさせていただき

今月5日にOPENした名東区のパン屋さん ”ATUTA BAKERY” のご紹介をします。



OPENしてまもなくのときに伺いました。

1464316698225.jpg


おススメはクロワッサンだそうです・・・   が 私が行ったときには、もう売り切れでした。
1464316659440.jpg


ひいきめなしで、おいしかったですよ!
1464316602401.jpg


場所は、名東消防署のすぐ東となりです。

お近くの方、是非、行ってみてください!


瀧川淳司
[ 2016/05/27 12:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

黒板クロス 

春は建材カタログ入れ替えの季節です!

サンゲツの壁紙のカタログを見ていたら、黒板クロスなるものが出ていました。

kokuban.jpg
色も6色あって、国産品の壁紙なのでお値段もお手軽。

IMG_68_201605141058219ea.jpg

ビニルクロスなので水拭き可能ですが、
チョークで描いて乾拭きで試したらちょっと白く粉が残ったのでサンプルで試してみてから採用するのが良いと思います!


あと方眼紙クロスってものも!!
hougan.jpg

黒板クロスと違って特別な素材ではなさそうですが、
1cm角の模様がついているのでお部屋に貼って毎日見ていたらスケール感覚が身につくかもしれないですね♪


榊原絵里菜



[ 2016/05/14 11:08 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

座卓 

ゴールデンウィーク前にお引渡しさせていただきました
瀬戸市の戸建リノベーション『SOBA』。

ここで、蕎麦打ちがしたいというご主人の一言から
物件のネームとコンセプトが決まりました。

さて、このお宅での食卓は
昔ながらの座卓スタイル。

その座卓も空間に合わせてデザインしました。


まずは、素材選び。
今回は、栗の木です。

soba1

この中から、欲しいものを選りすぐります。


そして、図面と共に、こちらの意図を家具職人さんに伝え
いいのものが出来ることを信じて完成を待ちます。





そして、現場に納められた晴れ姿がコチラ。

soba0

しっかり厚みを持たせた天板は、1枚板ではありませんが
両耳つきで、木の素材感がありありと伝わります。
最大で10名ぐらいはいけそうです。

ここに様々な惣菜がずらりと並び
S様とそのご友人たちで、わいわいと宴会をしている風景が
目に浮かびます。



草野祐也


[ 2016/05/12 17:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)