FC2ブログ

【ものづくりの視点】リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン

アネストワンでは、「時を経ても色褪せない空間」をコンセプトに、中古マンション・中古住宅をリノベーションして「自分らしい暮らし」のできる空間を提案しています。

su:iji style 

カ石のブログにもありましたが
先日、設計メンバーで
ウッドワンのキッチンのショールームに
伺わせていただきました。

カタログ用の撮影も行っているというだけあり
ひとつひとつのブースごとに世界感があり
キッチンを中心に色々なストーリーがあるようです。

その中のひとつのストーリーをご紹介。

tatle:『オーガニックな仲間が集う。』
いつも人が集まって来るような家にしたい。
それが、昔からの夢だった。
この空間で、同じ時間をともに過ごすうちに
いつも新鮮な喜びを感じる。
そんな友だちに恵まれたことに感謝。
ここに居ると落ち着いて
いつも楽しくすごせると。思ってもらえる場所。
そして、歳月を重ねるほどに、
味わいを増していく。
人も、この場所も。

各ブースごとに、このような文章があり
キッチンとその廻りのインテリアがよりいきいきと見えました。



草野祐也

[ 2013/11/25 11:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

無垢扉のキッチン 



岐阜件瑞浪市にある、
ウッドワンのシステムキッチンの工場にある展示倉庫?に行って参りました。


写真-2013-11-15-21-23-28

和モダンからフレンチカントリーまで、
無垢材の扉を使ったキッチンで高級感がありました。

写真-2013-11-15-16-00-20


321.jpg


雨上がりで新鮮な空気も吸えて、仕事中ですがかなりリフレッシュできました~




カ石絵里菜

リノベーションは名古屋の一級建築士事務所 アネストワン
[ 2013/11/23 10:02 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

省エネ住宅 

この10月1日から施行された省エネ基準改正についての講習会へ行きました。


私たちが暮らしていく上で必要なエネルギー消費量を減らすために
住宅建築の分野では、今まで、構造や躯体の断熱性能を上げることによって
判断されていました。


しかし、これからは、建物の基本性能に加え、給湯や暖房などの設備機器の
性能なども含めて評価しましょうというものです。


そして、2020年には、それが義務化されます。


現在、ある一定の基準を満たした省エネ住宅として建築すると借入金の金利が低くなることがありますが
いずれそれが最低限の基準となり、さらに高い性能を求められる時代となることでしょう。


もちろん、スペックだけでなく、自然エネルギー(風や日射など)を巧みに利用した
計画によってさらに省エネ性が向上することになります。


今後は、みなさんそれぞれ違う地域、環境、そして生活スタイルに合わせた省エネ住宅を
ご提案できるよう勉強してまいります。


瀧川淳司



[ 2013/11/15 11:49 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

選抜オーディション 

先週より着工しております、K様邸。

特徴的な天井高を仕上げる素材選びに、
材木屋さんへおじゃまして参りました。

s_P1040574.jpg

100枚を超える中から
素材の色を選び、木目を選び、キズをチェック。

あっちか? いや、こっち?

ついに選びぬかれた21枚は・・・、

s_P1040576 (1)


リボンでラッピングされ、出番を待ちます。


この、思いの詰まった材料で、
すてきな天井に仕上げたいと思います。

完成しましたら、お披露目いたしますね。

小木曽 健

リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン
http://www.anestone.com/


[ 2013/11/15 10:31 ] 現場のコト | TB(0) | CM(0)

薪消費シーズン到来 

暖房が必要な季節になってきましたね

弊社の打ち合わせスペースには、およそ8ヶ月間、じっくり乾燥された薪たちと
今か今かと扉を開けられるのを待っている、薪ストーブが鎮座しております

010101.jpg

ゆっくりと体の芯から温たまる感じ、心地良いです
暖をとって良し、炎のゆらゆらを眺めても良し、薪のパチパチを聴いても良し

さ ら に 寒い季節の料理にはもってこいです
勝手な妄想ですが、湯豆腐なんてどうでしょう
豆腐とねぎと春菊、冬の食材三種の神器はこれでしたよね(適当)

弊社へお越しの際は、ぜひ薪ストーブを堪能していってください
※11/12現在 まだ火は入っていません


齋藤卓哉


HPはこちらから
名古屋のリノベーション・デザインリフォームのアネストワン
[ 2013/11/12 19:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ヘリンボーン 

弊社の事例で度々登場しています「ヘリンボーン」
直訳してニシンの骨模様というこのパターンですが
木材だけではなく、タイルや布生地等でも使われています

001001.jpg
※以前に施工させていただいたお客様の写真です

通常の無垢フローリングと比べると、約4倍程度の張り手間がかかります
でも、いいです とてもいいです 雰囲気が違います
私にとっては憧れの模様です

リビングだけ、寝室だけ、そんな選択も良いのではないでしょうか

余談ですが、北欧で有名な危険物缶詰、シュールストレミングは
ニシンの塩漬けなんですってね




齋藤卓哉




HPはこちらから
名古屋のリノベーション・デザインリフォームのアネストワン
[ 2013/11/11 18:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

職人さん写真 



毎日現場に行くわけではないので、
タイミングが合わないとなかなかお目にかかることの出来ない工事もあります。



それがこちら。
天井にダウンライトの穴をあける電気屋さん

写真 2013-11-06 11 53 17
切り口の石膏ボードが落ちてこないように粉をガードするカバーのついた機械できれいに開けていました。



漆喰を塗る左官屋さん
P1040519.jpg
タイルも左官屋さんが貼ります!





協力しあうサイディング工事屋さん(?)
写真 2013-10-26 10 47 06
これは…何の作業でしょうか・・・?



「佐川男子」のように、写真を撮りためて写真集ができそうです。




カ石絵里菜




HPはこちらから
名古屋のリノベーション・デザインリフォームのアネストワン
[ 2013/11/08 20:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

天井高のあるマンション 

NEW PROJECT

今週からまた新たな現場がスタートしております。
今回は、マンションの最上階ということで
天井高を活かしたプランです。

K様の好きな北欧のテイストを少しいれつつも
オリジナルな空間に仕上ていければと思っています。

きれいに解体された現場にて
配管経路などのチェック。

大きな問題もなく、いよいよ来週から造作スタートです。


草野祐也

[ 2013/11/08 13:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Paint it White 

ストーンズや清志郎は「黒く塗れ!」と歌いましたが、
アネストワンでは、「白く塗ってくださいね♪」と
ペンキ屋さんにお願いしています。

s_P1040473.jpg


一口に白と言っても、そのトーンはさまざま。

壁は漆喰で仕上げることが多いので、
その自然な風合いを邪魔しないよう、
膨大な数の色見本から、
慎重に選びます。

パッと目を引くデザインや仕上げは
もちろん大変重要なのですが、
いかに目立たぬよう、違和感なくひっそりと仕上げるか。

ひょっとしたら、
お客様はお気づきにならないかもしれませんが、
気付かれないことこそ、
目指した仕上がりであることも多々あります。


ひっそりとした日々を送る僕には、
得意分野かもしれません。

小木曽 健

リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン
http://www.anestone.com/

[ 2013/11/04 10:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

 

名古屋市役所の一般公開にいきました。


昭和8年に竣工された、映画やドラマの撮影にも使われるレトロな建造物です。


また、この日はふだん、見ることのできないところも特別に公開している日です。






2階中央廊下の壁面。
地元、瀬戸の陶製タイルだそうです。
IMG_20131103_114323.jpg


何気ない階段上部のアーチも趣きがあります。
IMG_20131103_115132.jpg


こちらは、貴賓室に隣接した貴賓副室のサニタリー。
IMG_20131103_121258.jpg
床・壁のタイルが印象的。




身近な市役所ですが、知らないことが多くあります。

わずかですが、歴史と文化に浸ることができました。



瀧川淳司
[ 2013/11/03 13:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)