FC2ブログ

【ものづくりの視点】リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン

アネストワンでは、「時を経ても色褪せない空間」をコンセプトに、中古マンション・中古住宅をリノベーションして「自分らしい暮らし」のできる空間を提案しています。

OLD+NEW 

ホームページの方ではもうご紹介していますが、
OLD+NEW第一弾「蔵」が無事に完成致しました。
http://www.anestone.com

完成写真はそちらをご覧頂くとして、
ここでは工事前の写真の一部を使いながら<before→after>を
お楽しみ下さい。

まずは外観から

before
20071122204952.jpg

20071122205502.jpg
庭木が伸び放題で庭の奥への道はまさに探検隊気分

20071122205716.jpg
というわけでまずはさっぱりと


after
20071122205953.jpg

20071122210433.jpg

今回は「蔵」をイメージした和テイストにこだわりました。
玄関には縦格子の引き違い戸を採用、タイルには昔の三和土を
連想させる風合いのものを選びました。

次回は内部についてご紹介したいと思います。

と、今回はここまでですが「中も気になるわ…」という方にはお知らせです。

来たる11月30日(金)に放映されます東海テレビ「ぴーかんテレビ」
にてこの物件が取り上げられる事になりました。
写真ではお伝えしにくいところまで映像にてご覧頂くことができます。
リビングの建具やフラット対面のキッチン、掘りごたつを設置した
畳スペースやツーボールの洗面カウンター等。

先日の撮影時にはこっそり見学に行ってきました。
株式会社アファースの高木社長の流暢な案内の下での賑やかだった撮影現場が
一体どんな風にまとめられているか私も楽しみです。

物件の詳細については弊社ホームページ
または、「OLD+NEW」パートナー企業であります
株式会社アファースのホームページをご覧下さい。
http://www.afirs.com

わが子の初舞台を見守るような気持ちになっているdaiでした。





[ 2007/11/22 22:08 ] リノベーション | TB(0) | CM(0)

クッキングサロンのオーダーキッチン 

おまたせしました。
大人気!名東区のお料理教室主宰 
横地先生のオーダーキッチンギャラリーです。

IMG_1654.jpg
ラウンドの人工大理石アイランドカウンター
IMG_1400.jpg
下にはしっかり収納をもうけました。
IMG_1661.jpg
ラインを揃えたⅠ型キッチン。
食洗機、混合水栓2台を取り付け機能万全。多人数で並べます。
IMG_1432.jpg
手作りパンの販売もされているのでオーブンを縦に効率的にレイアウト。
各オーブンの裏には、換気扇を設置し換気もバッチリ。
横地先生のパンは中ふわふわでとっても美味しいです。
IMG_1665.jpg
エッジをきかせた手掛けの扉。
取っ手をつけないのですっきりしたラインを出せます。
ホワイトな木目がナチュラルモダンなテイストに。
IMG_1671.jpg
ようこそ、naomiブレッド&クッキングサロンへ   byスタッフF

special thanks:phote スタッフK

[ 2007/11/20 11:17 ] リノベーション | TB(0) | CM(1)

凹(ボコ)と凸(デコ)の関係 

今、アネストワンは年末を前に佳境を迎えています。
ただし、佳境と華僑は違います。

スタッフKは、東区のデザインオフィスのデザインや段取り、
オープンハウスのグラフィックデザイン。
スタッフYは、東山テニスセンター近くの瀟洒なアンティーク
マンションリノベーションのデザイン、
野並のガレージ付きメゾネットや
藤ヶ丘の賃貸のリノベーションのデザイン、コーディネート、
定期冊子「Re」の編集など。
社長は、自ら四日市のホテルと酒屋さんの店舗リノベーションの現場管理。
スタッフdaiは、高針戸建「和モダン」なリノベーションで
完成前には外溝職人とも化し、精神力、体力を使い果たし。
近日、完成写真がアップされることでしょう。)
スタッフFは、お庭とプールのある南山町のアンティ-クマンションと
中川区のマンションリノベーションの現場管理を。

とそれぞれ個々に奮闘しています。

現場が始まるとミクロな世界に入り、そこしか目が入らなくなりやすい。
そして、日々「えっ、こんなことが・・」「えっ、こんなはずでは・・」
様々なアクシデントが起こり、結構凹んだりします。

でもね、世の中凸(デコ)ばかりじゃありませんし、
凹(ボコ)ばかりでじゃありません。
以前ミクシーの日記にも書いた気がするのですが、
凹(ボコ)があるから凸(デコ)があるんです。
全て必然で何事も意味があるんですよね。

失敗は学習で、次へのステップ。
グローバルな視野で様々なことにチャレンジしていかないといけませんね~。

20071116192550.jpg


そんな訳でそんな私の最近の元気の源は
「リフォームでワンフロアに暮らしを作る。」
という1冊の本と巡りあったこと。

私が「この仕事をしたい」と思ったきっかけの1つであった
東京の「フォルムアッシュバーン」の島弘子さんという女性デザイナーが
娘さんが所有していた中古マンションを買い取って、
60代を迎え、最後のステージを自身でデザインしてリノベーションしていく内容です。
薄くシンプルな本なんですが、写真がとても素敵で、
現場へ行く前・打ち合わせに行く前に
その本をこそっと覗いては、1人でにやにやして
モチベーションを上げています。
変ですか?     スタッフF



[ 2007/11/13 06:29 ] リノベーション | TB(0) | CM(0)