FC2ブログ

【ものづくりの視点】リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン

アネストワンでは、「時を経ても色褪せない空間」をコンセプトに、中古マンション・中古住宅をリノベーションして「自分らしい暮らし」のできる空間を提案しています。

谷あり 山あり 

お盆休みも終わり、一息つく間もなく
すっかり忙しく、慌しくなって参りました。

もう夏も終わり。
夏って本当に短い。

こんにちは。青山信春です。
この歳になって、つくづく思うことは
「田舎って本当にいい」
私の田舎は、岐阜県関市。
家の前に長良川が流れていて、
川風が涼しいのです。

CIMG1147.jpg  CIMG1155.jpg

バーベキュー
川遊び
花火
かぶと虫
夜空に輝く星

そして、元気な両親。
田舎に帰って、完璧にリフレッシュ。
田舎の人は、本当に元気です。
私もそうありたいと思います。

例年、この8月は売上が落ち込みます。
今年に限っては、上半期は予想より、
はるかに下回りました。
しかし、この8月に入ってから、急激に
仕事が入ってくるようになりました。
前半の落ち込みで、かなり心配しました。
(小心物なので)
今日もある経営者の方が
「商売は、山あり谷あり
 実は、谷が来たときがチャンス。
 一気に山が来ますから」
とおっしゃっていました。
その通りの状況になってきました。

何があっても、揺るぎ無い確固たる
気持ちでいたいものです。
少し不安になってしまった自分の
気持ちが恥ずかしいです。
まだまだ修行が足りません。
[ 2007/08/29 15:20 ] 社長ブログ | TB(0) | CM(0)

ちょっとした心使い 

名東区よもぎ台のK様邸で子供部屋の
間仕切り工事の依頼を受けました。

小さかった2人のお子様も
小学校高学年となり
そろそろプライベートな空間を必要とする
お年頃になられたようです。

時として建築の中では
お子様の成長過程に応じ
適した空間が求められます。
そしてお子様の個性とか感性
そして自立心を育てていくことが
大切になるのですね。


20070828192744.jpg


ところで、奥様が10時のお茶の時間に
お盆にさりげなく野花を生けて、
お茶菓子を渡してくださり、
なんだか感動してしまいました。


私たちもこんな風にお客様に
感動やサプライズ
を与えられるような仕事をしたいな~
なんて思った1日でした。  スタッフF



[ 2007/08/28 19:36 ] 現場のコト | TB(0) | CM(0)

おのぼりさんシリーズ 

お盆休みは避暑地でも行きたいところでしたが
社員旅行の軽井沢で堪能できたということで
20070822074415.jpg

国立新美術館へ行ってきました。
世間を賑あわせた黒川紀章氏設計、グラフィックは佐藤可士和さん

20070822074259.jpg

20070822074511.jpg

サントリー美術館(設計:隈研吾氏)のある東京ミッドランドへ
IDEEやWISEWISEなど感度の高いインテリアSHOP
のある3階はお勧めです!
20070822074552.jpg
こんなキッチンいかが?
20070822074628.jpg

20070822074737.jpg
スポンジ入れがくり抜いてあり、シンクに水がおちるようになっています。コレはイイ!

20070822074822.jpg
いつかこんなキッチン&ダイニングを作ってみたいですね

20070822074933.jpg

そして最後はいつも東京来ると行く御苑のカフェへ
アパレル出身の女性2人が手作りで内装を仕上げたとのこと。
適当に力が抜けていて、とても癒されます。 スタッフF
[ 2007/08/22 07:58 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

夏季休業のお知らせ 

夏季休業のお知らせ

8/11(土)~8/15(水)

ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。
[ 2007/08/10 17:39 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

東京R探訪 

こんにちは。青山信春です。

先日ある不動産会社様と東京に行って
参りました。

…というより、強引に連れて行って
もらいました。

といいますのも、今回、全く新しい
スタイルで不動産を扱っている会社を
訪問するために行ったわけです。

その会社は、新聞、雑誌等のメディアにも
かなりの取材を受けており、大成功を
収めておられます。

どうして今回、私のようなものが一緒に
ついていったのかといいますと、
“不動産”と“リノベーション”を
組み合わせたビジネスモデルを構築し、
名古屋で全く新しいことが出来ないかの
可能性を探りに東京に行ったわけです。

詳しくは、ここでまだ述べることは
できませんが、今後、名古屋でも
「新しい不動産ビジネスのあり方」が
問われる時が来ると思います。

なかなか、差別化が出来ていない現在の
状況の中から、頭一つ飛び出るチャンスは
「今」だと思っています。

今後の不動産業界に必要なものは、
“感性”であることをその東京の会社の方に
会って思いました。

従来通りに物件を型にはめた通りに

 「駅から何分
  間取り
  広さ
  家賃
  設備
  築年数」

という紹介ではなく、

その物件のもつ「魅力」
       「ライフシーン」

をどう表現していくか。

そこに新しいヒントがあるように思います。
今後の不動産業界にも注目です。


というわけで、せっかく東京に来たわけ
ですから、東京R物件を探索して参りました。


CIMG0988.jpg  CIMG0990.jpg

CIMG0994.jpg  CIMG0997.jpg

CIMG0998.jpg

メディアにも多く取り上げられた
物流会社の倉庫をコンバージョンし、
有名な会社がSOHO住宅にデザインしています。



CIMG1003.jpg  CIMG1008.jpg  CIMG1009.jpg

CIMG1004.jpg  CIMG1010.jpg

CIMG1011.jpg

古いビルをリノベーション、
トイレはタイルをめくってコンクリートむき出しに、
床もすべてPタイルをめくり、オイルステン・
クリアー仕上げでシンプルに。




CIMG1019.jpg  CIMG1020.jpg

この物件は、私の好きな設計会社がデザイン。
建物内に入れませんでしたが、なかなか良いですヨ。




これはおまけ。
原宿もすごかった。
CIMG1018.jpg


[ 2007/08/10 11:43 ] 社長ブログ | TB(0) | CM(0)

勇気は「出す」もの 

こんにちは。青山信春です。

最近は暑い日が続いています。
夏風邪の人も多いようです。
気をつけたいものです。

もうすぐお盆休みになります。
この時期になると、下半期に向けて、
じっくりと考えることのできる
貴重な休みとなります。
この暑さを乗り越えて、大成長の
夏としたいものです。

今日は『勇気』について述べたいと
思います。
一言で「勇気」と言っても、
なかなか出るものではありません。

ある人が
『勇気は「でる」のではなく、
 「だす」ものだ』
と言っていました。
本当にその通りだと思います。

黙っていたり、待っていたりしても
勇気は出てきません。
自ら出していくしかありません。

私は「自分で決めたことは必ず、
実践する」ということを
いつも心がけています。

上半期の成績が思うように伸びず、
目標の86%でした。
こういう時は、少し弱気になるものです。
しかし、上半期に決めた
「ロゴの一新」
「オフィスの外観のリノベーション」
「10周年記念慰安旅行」等
を実施しました。社用車も購入しました。
決して楽ではありませんでしたが、
決めたことは、実践することにしています。

私自身もお客様の所に足しげく
訪問もするようにしました。
新規で飛び込んだ企業で、運良く
新築の事務所工事を受注することが
できました。

私は「直感」を大切にしています。
「やりたい」と思うことは、色々
考えても結局、「やりたい」のです。

ある会社の専務さんが先日、おっしゃて
いました。
「色々考えても、ろくなことはないですから」
と事業にどんどん投資をされ、軌道に
乗せてみえます。

私自身も「直感」で思ったことを
できるだけ大切にし、実現するように
しています。

勇気をだし、行動する中から、
本当に色々なことが起こってきます。
しかし、決して後悔することはありません。

「今の世の中は、何もしないことの方が、
リスクがある」
とある本に書かれていました。

上半期に勇気を出して、行動する中で
下半期は業績も上向きになってきました。
私も「勇気ある行動」で、そこからまた
「道」を開いていきたいと思います。

[ 2007/08/07 14:08 ] 社長ブログ | TB(0) | CM(0)

ホームページ更新! 

スタッフYです。

以前、ここでもご紹介した

不動産コンシェルジュ「アファース」さんと

リノベーションスタジオ「アネストワン」の

コラボレーション企画、

『OLD+NEW』(オールドプラスニュー)の詳細を

ホームページにアップしました☆

アネストワンのホームページはこちらから


中古マンションを購入してリノベーションしたい方に

良質な中古物件を専門家の立場から厳選し、

リノベーションの視点で物件購入のアドバイスができる内容です。

興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイアル 0120-65-2441
メール mail@anestone.com

[ 2007/08/02 18:46 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)