FC2ブログ

【ものづくりの視点】リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン

アネストワンでは、「時を経ても色褪せない空間」をコンセプトに、中古マンション・中古住宅をリノベーションして「自分らしい暮らし」のできる空間を提案しています。

ベーグル 

田舎っ子なら負けません!
スタッフYです。

最近、ベーグル作りにはまっています。

おいしくてヘルシーで、作り方も意外と簡単。

そして節約もできるという、私にぴったりな食べ物です。

材料
・強力粉
・ドライイースト
・砂糖
・塩
・水

これだけです。

これをこねて、形を作って発酵させて、お湯でゆでてからオーブンへ。

そうすると、こんな感じに仕上がります。



そして、サンドにするとこんな感じ。



最近私の主食になりつつあります。

興味のある方、ぜひお試し下さい☆

[ 2007/06/29 15:50 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

ji mo to 

スタッフの中でもとびっきりの田舎っ子の名を欲しいままにしている
スタッフKです。 皆様、こんばんわ。

私の地元は岐阜県の多治見市という
夏には日本全国の中でも最高気温を叩き出すという
知る人ぞ知る、盆地で暮らしているわけですが・・・。

実は、そんな多治見市近辺には、磯崎新氏の「セラミックパークMINO」をはじめ、有名な建築家の建物がちらほらとあるのもまた事実。

そのなかでも私の大のお気に入りは
岐阜県瑞浪市にある中村好文氏の「瑞浪市芸術館」です。

瑞浪芸術館


「本物であるということ」を基本コンセプトとし、建物は江戸時代の茅ぶき民家を現代のセンスでギャラリーへとコンバージョンしたものだそうです。



芸術館2



実はここ、3回訪問しているのですが
3回とも中に入れたことがありません( ̄口 ̄;)!!・・・。

今週末、念願の内装を見るためリベンジ予定です。
[ 2007/06/28 21:05 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

マンション購入前に 

先週末のオープンハウスに来てくださった
お客様U様から本日早速お電話があり
購入しようかどうしようかを検討されている
中古マンションを見て欲しいということで
青山と現調させて頂きました。
20070805113014.jpg
社長自ら配管チェック!

自分たちの希望通リにリノベーション
ができるのか確認がされたかったようです。

築20年以上経っておりますが
中層マンションにも関わらず
ロケーションが良く
ルーフバルコニーが広く
さすが良い物件を探されたなあと
思いました。
奥様はキッチンの勝手口から出れるルーフバルコニー
が気に入られたようです。

ロケーションをいかした広がり感のある
リビングをきっと手に入れられるでしょう。
U様 貴重なお時間を本当にありがとうございました。


アネストワンでは、長年中古物件の改修を
扱ってきました。
中古マンション、戸建を購入を検討されている方
購入前でも一緒に現調し、
改修ポイントなどアドバイスいたします。
お気軽に声をかけてくださいね。


               byスタッフF

20070805113014.jpg


[ 2007/06/25 22:17 ] リノベーション | TB(0) | CM(0)

お客様との価値観の共有 

こんにちは。青山信春です。
6月23日(土)、24日(日)の2日間、
初めてリノベーションルームの
オープンハウスを開催しました。
新聞の折込チラシを入れ、チラシの
デザインはK君が担当。
チラシの出来映えもなかなか
良かったです。
でも、実際、お客様が来場されるかは
全くわかりませんでした。
また、初めての試みでもあったので
不安もありました。

初日、まずまずの出足。2日目は
大雨(一日中)。
期待していた日曜日に雨が降り、
がっかりしていました。
しかし結果は、初日7組、2日目6組。
中でも、大雨の中、来場して
頂いたお客様は、どの方も
本気の方ばかり。
その中で、一人のお客様と
じっくりお話ができました。
その男性のお客様は、
ほんの数日前に、完成したばかりの
リノベーションスタイルブック
Re+<アールイープラス>
(前回のブログにも載せています)
を花屋さんに置かせて頂いたのですが、
まず、そのRe+を見られたそうです。
そこで、私共のデザインを
気に入って頂き、たまたま、私が
ポスティングさせて頂いたチラシを
見て、オープンハウスに来場されました。
多分、しっかりと私共のホームページも
ご覧になって、来ていただいていると
思います。
ですから、すぐに会話もはずみ、
私共のリノベーションルームを
気に入っていただきました。
早速、今週中に購入予定の
物件を見させて頂く事になりました。
20070625093244.jpg

20070625093157.jpg


今回、色々なことの「気づき」が
ありました。
その中でも一番大切なことは、
私たちの「考え」「思い」を
わかっていただき、実際の仕事を
「見ていただく」ことだと
思いました。
『Re+』やホームページでは、私たちの
施工事例、考え方、メンバーの紹介
など、詳しく載せております。
そして、私たちの仕事「リノベーションルーム」
を実際見て、納得していただく。
今回のチラシにも写真を多く載せ、ビジュアルで
訴えました。
その結果、「私たちと価値観を共有」
出来る、お客様が多く来場されました。
実際、お話を色々とお伺いした中で、
「自分たちのライフスタイルにあった提案と
しっかりとした、仕事(施工)の出来る会社」
を探してみえるということがわかりました。
その二つがそろった会社は、なかなか
ないようです。
今回のオープンハウスは、本当に
充実した2日間となりました。

今後も私たちの「思い」「考え」を
しっかりと発信し、そして、お客様と
価値観を共有し、本当に喜んで
いただける仕事を、また、信頼して
いただける仕事をしていかないと
いけないことを改めて、感じました。


[ 2007/06/25 07:52 ] 社長ブログ | TB(0) | CM(0)

新しいこと 

昨日、事務所内を少しだけ模様替えしました。
おかげで今日は軽く筋肉痛のdaiです。

日中の蒸し暑さも厳しさを増し、そんな時は
IMG_0021.jpg
が恋しくなります。(社員旅行で立ち寄ったSAより)

さて新しいことといえば、今新しいCADでの作図を習得中。
これまでは「JW-CAD」というCADソフトをメインで使用して
いたけれど、今社内の標準CADは別のソフト。
少々時間はかかっているけれどなんとかひと通りの動作は
こなせる様になってきました。

CADを使う事が当たり前になってきて最近感じるのが
打ち合わせの時に書く図面が少々雑になってしまっている
んじゃないかという事。
事務所に戻ってから内容を整理しながらその場で書いた
図面やスケッチを見直すと時々思うんです「はてこの線は?…」と。

これはひょっとしてパソコン使うようになって漢字が書けなく
なってしまった事に似てるんじゃないだろうか。
書いてもすぐに消せることが当たり前になってしまって
このままでは線を引くという事の重みがだんだん薄れてしまう。

ここはやはり初心に戻り、たった一本の線が最終的には様々な
形になり空間の中に残っていく事を改めて肝に銘じなければ。

これからは新しいCADともその気持ちを忘れずにつきあって
いきたいと思います。

(ところで<拡大>する時にマウスの左右のボタンを押しながら
 ドラッグしてしまうのはいつになったら直るのだろうか…)



[ 2007/06/21 20:43 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

リノベーションスタイルBOOK『Re+<アール・イー・プラス』 

スタッフYです。

以前より、アネストワンの情報誌として発行しておりました

『Re+<アール・イー・プラス』新聞ですが、

今回から、リノベーションスタイルBOOKとして

パンフレット型にバージョンアップしました。

       ↓↓↓

20070620194412.jpg


内容は、リノベーションの施工事例だけでなく、

スタッフの思いや考えが詰まった一冊です。


興味のある方は、無料でお送りいたしますので、

メールまたはフリーダイアル0120-65-2441

まで、ご連絡下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、今週土日 6/23・24 は、

前回オープンルームを開催した『ロイヤル上社』にて

リノベーション相談会

を開催いたします。


詳細はホームページにも掲載しておりますので、

こちらも興味のある方は、

是非お問い合わせ下さい。


アネストワンのホームページ




[ 2007/06/20 20:02 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

セルフリノベーション 

現在、弊社事務所の外装をセルフリノベーション中です。
プランも大方固まり、先日は足場を組んで頂きました。
これから工事に取り掛かるところです。

皆様が弊社に立ち寄りたくなるような
外装に変わる予定です。

予算も限られている中
壊すもの、既設を生かすもの、新たに作るもの・・・
まさにリノベーションの考えそのものです。

HPが変わり、ロゴが変わり、株式会社に変わり、事務所の外装が変わる。

もちろん、中で働く私たちも
昨日より今日、今日より明日と向上できるよう
セルフリノベーション。

変わっていきますよ♪

[ 2007/06/20 09:42 ] 会社のコト | TB(0) | CM(0)

規模拡大の行く末は? 

こんにちは。青山信春です。

今、話題になっている
『コムスン』
「介護ビジネスが今後有望で
ビッグビジネスになる」
という理由で参入。
あの「ジュリアナ東京」の仕掛人として
時の人と、もてはやされた
グッドウィルグループの会長。
当時、一気に拡大しすぎて
事業を縮小したという記憶があります。
介護の事業は「人に尽くす」という
「思いやり」「愛」がないとなりたたない
ビジネスだと思います。

我々の業界でも同じこと。
不動産業者、建築業者がこぞって
有料介護施設を建設。
それは、補助金目当てでした。
今後、益々色々な問題が出てくるように
思います。
すべて国民の税金で、補助金が
出ているのだから、政府もしっかりと
対策をしてほしいものです。

もう一つ話題になっているのが
『NOVA』
英会話スクールの最大手。
他社に比べて、安い受講料。
薄利多売の拡大に限界がありました。
中途解約した受講生が
未受講分の料金返還を
求める訴訟が相次ぎ問題に。

どちらにしても「福祉」と「教育」
という最も大切な分野での出来事。
それも業界をリードする2社とも最大手。
「拡大路線」
「売上至上主義」
の果ての破綻です。
そこには、「消費者の方を向いていない」
ことが一番の問題であると思います。

我々の業界でも同じことです。
住宅関連業界で言えば、
「Tホーム」
とにかく坪単価が安い。
いわゆる「デフレ型ビジネスモデル」
福岡から始まり、一気に全国展開。
「焼畑農業経営」で1回きり。
伸びている時は良いが、縮小すると
いきなり、もたないそうです。
それは、製品補償引当金という
コストがかさんでくるからだそうです。
現在は、資材関係が10%~15%
値上がりし、今後、金利の上昇・消費税の
アップなど、「デフレ型ビジネスモデルは
破綻する」と、ある経済ジャーナリストは
はっきりと言っていました。
リフォーム業界でも、価格訴求型チラシで
安さを売りに拡大している業者があります。
今後どうなって行くのでしょうか。
私たちは、しっかりと、お客様と向き合って、
私たちの「思い」をしっかりと
お客様に伝えていきたいと思っています。
やはり、ビジネスには「思い」が
大切だと思います。

[ 2007/06/19 19:24 ] 社長ブログ | TB(0) | CM(0)

徳川園 

梅雨に入りましたが 新緑深く 気持ちの良い日が続きますね。

この間の日曜は父の日ということで
以前から行きたかったある懐石のお店へ行き 
目にも麗しい料理を頂いてみました。 こんな感じ。
20070619083117.jpg

名古屋市内で最も大好きな場所 徳川園に出かけてみました。
今、菖蒲が美しく 見頃です。
20070619083131.jpg

20070619083125.jpg

この中にお茶ができる日本家屋があります。
そのインテリアは素晴らしく
華美なものが一切なく 
時が経過した素材の趣きがあり その静寂な空間に
改めて 日本人に生まれて良かったなと感じられます。

前人が築いた 本来持っている物の良さを色々思い返してみるのも
いいかもしれませんね。


そして 全国のお父さんへ

    「いつも ありがとう」

by スタッフF
[ 2007/06/19 08:52 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

社員の視点 その1 

前述の社長のブログでご周知の通リ
アネストワンは6月1日をもって
めでたく10周年を迎えることができました。


ひと口に10年といっても
語りつくせないほど
並々ならぬ苦労があったのだろうと思います。

でもその事について多くを語らず
常に何事もポジティブに捉え、
前に進んできた姿を私たちは見てきました。



そして、今回 創業初の社員旅行に
連れて行って頂きました。

軽井沢「星のや」は
2005年オープン以来、何度か雑誌・マスコミに取り上げられ
その美しい水辺に映る宿の風景に「なんだ、これは!」
「いつか泊まりたい」と思ったものです。

そして昨年 「星のや」の社長が登場する番組があり
先代から受け継いだ星野温泉を再生していく様を
放映していました。

受け継いだ当初は昔から働いている従業員がついてきてくれず
大変苦労しており、そして 試行錯誤の末
ある社員を支配人に抜擢し、なにもかも任せていくことから、
徐々に成功への階段を上っていくというストーリーに
とても感動を覚えました。



そして 2007年6月1日
夢叶い、心通う仲間と軽井沢へ旅行できて
本当に夢のようなひとときでした。


こんな素晴らしい機会を与えてくださった
社長と奥さんに心から感謝しつつ、

長時間行き帰り運転をし
ある有名な別荘を見にいくため
走りまわって探してくれた
daiさんにも感謝しつつ

YさんやK君にも
一緒にいてくれて、ありがとうって感じです。


では皆様 今週も頑張りましょう☆  by スタッフF


IMG_1334.jpg

IMG_1341.jpg


[ 2007/06/11 08:52 ] STAFFのひとりごと | TB(1) | CM(0)

10 years old 

こんにちは。大変、ご無沙汰しておりました。
青山信春です。

6月1日で創業10周年を迎えました。
一つの大きな区切りにしたいと思い、
有限会社から株式会社に変更致しました。
ロゴも一新しました。
そして、6月1日に創業以来初めて、慰安旅行にも行きました。

この10年間、色々なことがありました。
会社も大きく変りました。
何といっても、私自身が大きく変ったように思います。

今から10年前に、以前、勤めていた会社が傾きかけ、
(独立後、すぐにその会社は倒産してしまいました)
独立せざるおえない状況となり、勢いだけで独立して
しまいました。
「自分のやりたいことを思い通りに形にしたい」
というのが一番の理由だったと思います。
当時は、自分のことしか考えていなかった気がします。
内装業の下請けから始め、リフォーム業に、そして、
元請に変更し、リノベーションへと時代と共に、変化
していきました。

そして当時は、空前のリフォームブームの始まり。
私もそのブームに乗り、仕事は切れることがありません
でした。
仕事は自然と入ってくるものだと思っていました。

初年度から黒字で、4~5年ぐらいまで、絶好調が続きました。
5年目に現在の新社屋に移りました。
それから徐々に状況が変っていきました。
リフォーム業界への相次ぐ参入で、競争の時代に入っていきました。
売上は徐々に減少していきました。

また当時、働いていたメンバーが次々と辞めていきました。
時を同じくして、数社の得意先の倒産、未回収が発生し、
多額の不良債権が発生してしまいました。

従業員もいなくなり、工事代金も回収できない、
八方塞の状態となってしまいました。私自身の慢心でした。

その時、私は初めて気がつきました。
社員のことを考えていなかった。
そして、お客様のことを考えていなかった。
私は自分のことしか、考えていなかったことに気がついたのです。

・・・私にとっては、大きな試練となりました。
妻と一緒に、もう一度、やり直す決意をしました。
再起を賭けました。

まずは、リクルートで社員の募集から始めました。

今、現在、私と妻(経理)を含めて、総勢6名となりましたが、
メンバー全員、再起を賭けてからのメンバーです。

そして、そのメンバーとこの度、創立10周年を迎えることが
できたのです。

先ほどもお話をしましたが、念願の慰安旅行を創業10年経って、
初めて行くことができました。
感慨深いものがありました。

軽井沢の「星のや」という有名な旅館に泊まりました。
人気の宿で、値段も・・・そう簡単には、行けそうにない所です。
池の周りに点在する宿は、とても幻想的で、私たちの泊まった
所は、戸建でメゾネットになっていました。
20070605091156.jpg  20070604133752.jpg

また、夜の食事は「和食嘉助(かすけ)」という所で、
圧倒的な空間でした。
20070604133834.jpg


この空間で、おいしい食事に、素晴らしい仲間。
一生の思い出となりました。
メンバーのみんなが、私たち夫婦のために、10周年の
「花束」と「ケーキ」と「感動的なメッセージカード」を
秘かに用意をしていてくれて、本当に驚き、感動いたしました。
<20070605091141.jpg


私は、経営者は辛いもので、難しいものと思っていました。
でも経営者は、「人を幸せにするためのビジネスの仕組みを
作り、ちゃんと運営すること」だと思いました。

お客様の幸せ。
働く人も幸せ。
そして、その家族も幸せ。

『幸せを与えるのが経営者の使命』

だと今は、思っています。

先日読んだ本の中に、

私たちは、偉大なことはできません。
偉大な愛で、小さいことをするだけです。
             -----------マザー・テレサ

とありました。
本当に素晴らしい言葉だと思います。

私も大きな愛で、生きていきたいと思います。
今いるメンバーに本当に感謝しています。
私自身が一番幸せかも知れません。

この原点を忘れず、また新たな一歩を今日より、
出発していきたいと思います。


[ 2007/06/04 08:10 ] 社長ブログ | TB(0) | CM(0)