FC2ブログ

【ものづくりの視点】リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン

アネストワンでは、「時を経ても色褪せない空間」をコンセプトに、中古マンション・中古住宅をリノベーションして「自分らしい暮らし」のできる空間を提案しています。

ペットのいる暮らし 

先日、1年点検にてご訪問致しました、Y様邸
今迄も事あるごとに訪れていましたが、私が言うのもなんですが
居心地の良い空間だなといつも感じていました

1539592718516.jpg

1539592758935.jpg

1539592725143.jpg


そして、Y様宅には、立派な猫ちゃんがいらっしゃるのです

1539592737904.jpg

毛並みがいつも良くて、おとなしく人懐っこい猫ちゃんです
計画当初から、猫ちゃんとの暮らしを想定しての設計だったのです

1539592752957.jpg

1539592746420.jpg

この白い腰壁は猫ちゃんがくぐったり、飛び乗ったり、飛び降りたりできる様にと作られたものです


1539592770645.jpg

”リノベーションを機会に大好きなペットとの暮らしをより楽しく心地よいものにする”
そんなキーワードも、弊社にはございます
もしその様な方がいらっしゃいましたら、一度ご相談頂ければと思います

Y様、いろいろとご協力頂きありがとうございました

  田中 芳治






[ 2018/10/15 18:28 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

陶芸体験の器 


8月にアネストワンのタイルづくりでお世話になっている工房さんでの
スタッフの陶芸体験に行って作ったものが、釉薬が塗られ焼き上がって届けられました!


IMG_4296.jpg

大人になってから初めての陶芸体験でしたが、思ったよりも難しくそして面白かったです。

底の部分の高台(台座の部分)を削り出すときに、崩壊してしまい、
先生に形成しなおしてもらいました。


焼き上がると15%小さくなるよって先生に言われていました。
立体の15%はなかなか想像がしずらくて、焼き上がったものを見たら子供茶碗くらいの大きさになっていました。笑

(ダイエットに良いかも)

IMG_4295.jpg

形はいびつですが、愛着はあるので大事に使いたいと思います★


榊原絵里菜

[ 2018/10/03 11:18 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

せともの 

先日、瀬戸市にあります 瀬戸蔵 という陶磁器のミュージアムみたいなところに行って来ました。

仕事でも瀬戸市には何度も何度も行っておりますが、なかなか地域の物産に触れることがありませんでした。

いわゆる『せともの』の歴史や著名な作家さんの作品、瀬戸電にいたるまで、ボランティアの方に
約2時間半説明してもらい、とても楽しく、勉強になりましたよ。


IMG_1475.jpg

IMG_1476.jpg

アネストワンでは、陶器製や磁器製のタイルもよくご提案していますのでとても興味深かったです。



ここで問題。

みなさん、陶器と磁器の違いわかりますか?




大雑把に言うと、主成分が陶器は粘土。磁器は粘土にガラスの成分にもなる石の粉が混ざります。

ですから、磁器製のものを軽く指ではじくと、キーンを乾いた音がします。

また、懐中電灯などで光を当てると、磁器の方は透過して裏が明るくなりますよ。


さあ家にある茶碗で確認してみましょう!


瀧川淳司




[ 2018/09/27 10:20 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

アウトドアグッズと収納 

最近できたアウトドア専門のお店に行ってきました。

いろいろなメーカーのアウトドアグッズがところせましと集められており テンションが上がります!


ここ数年、またアウトドアブームが再燃していまして、多くのお客様からも
アウトドアの収納についてお話をいただくことが多くあります。


どのように収納するのか・・・

  コンパクトに片付ける

  使いやすく、出しやすく、しまいやすく

  意匠的要素を持たせて美しく見せたい


などなど、ご要望は十人十色です。

IMG_1473.jpg

IMG_1474.jpg

IMG_1472.jpg



お店へ行くと、いろんなアイデアがありました。

今後のご提案にも生かせそうです。


瀧川淳司



[ 2018/08/25 09:16 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

掛け時計 


気づけば10年くらい、掛け時計と無縁の生活を送っていました。
一人暮らしを始めた頃に一度は買ったものの、気づいたら狂ってたり壊れてたり。

ずっと、親戚が来ても今何時?この家には時計がないの?
なんて言われていましたが、

時間を知りたいときは携帯を探すという生活を送っていて
慣れてそれが当たり前になって、特に不便を感じることもなかったのですが、

「アナログ時計がないと時計の読めない子が育つ」と聞いて
ひさしぶりに時計を購入しました。
(まだ1歳にもなっていないのですが・・・)

rikiclock35101.jpg

数字が書いてあるという条件でしたが、ネットショップでみても購入するまでには至らず
結局ふらっと入った雑貨屋さんにて購入。実物見るのも大事ですね。


時計のある生活、快適です!!!!!


リビングに掛けましたが、寝室にもほしい。
時計がなくて不便っていう感覚がようやくわかりました。


榊原絵里菜
[ 2018/07/20 15:52 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

照明いろいろ 

現在、工事途中の現場です。

20180517113301.jpg

壁はまだクロスを貼っていないので、ボードにパテ状態です。
3つのブラケット照明のせいか、施主さまのお人柄の影響なのか、
パテの模様がアートのようです!



20180517113221.jpg

感触の穏やかな杉板のベンチに座って、傍らのニッチにドリンク置いて、
本を読んだりTVを見たり…。

杉板の天井につけた、小さな径のダウンライトがかわいいです。
明かりがひとつあるだけで、ほっこりしますね。



20180517120219.jpg

キッチンレンジフード並びの棚に照明器具が仕込んであります。
照明器具が目線に入らないように、棚の寸法と照明の取付位置を細かく指定して
付けてもらいました。

いい感じに光っていまして、個人的にとても気に入っています!
キッチンの壁面に黄色系のタイルが貼られるのが楽しみです。


人の生活になくてはならない照明。
これからもこだわっていきたいと思います。


川田幸代


[ 2018/05/17 13:18 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

吉田茂の頭の中 


3月に、神奈川県大磯町の旧吉田茂邸に行ってきました。

戦後から亡くなるまで過ごした家だそうですが、
一度火事で焼けてしまい、2009年に再築されたのでかなり新しい建物でした。


IMG_1865_20180511100650196.jpg

暖炉のある客間や、海や富士山のみえる和室などなど
とても広くて気持ちの良い空間でした。

IMG_1846.jpg

IMG_1863.jpg


IMG_1861.jpg

いちばん見入ってしまったのは、寝室の脇にあった本棚。
IMG_1864.jpg

「世界大戦原因の追求」「大惨事世界大戦の防止」「軍縮問題の研究」といった本から、
「電通広告年鑑」「名古屋鉄道社史」「関西電力の10年」・・・

「高血圧と動脈硬化」なんて本もありました。


本棚をみるとどんな事に関心があったのかわかるので興味深いですねー



榊原絵里菜

* 産育休をとり、4月から復帰しました。
しばらくはパートタイムですが、またブログも書いていきますのでよろしくおねがいします。

[ 2018/05/11 10:20 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

漆喰の色合わせ 

もうすぐお引渡しのS様邸
キッチン後部の食器棚の壁に、色付の漆喰仕上げをお選び頂きました

1523435212502.jpg

これ漆喰なんですよ!漆喰というと、白?と思われる方が多いかもしれませんが
色付けができるのです

1523435207112.jpg

お客様のお好みの色の作り出す為に、たくさんのサンプルを作成して色決めをしていきます



[ 2018/04/11 17:54 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

オリジナル家具、TVボード 

桜の季節もあっという間に過ぎていきましたね。

以前にお伝えしていました、オリジナル家具のTVボードの制作も佳境に入ってまいりました。

IMG_9771.jpg


脚や背板はまだ付いていないので、押さえています。


脚は、テーパーになります。
一瞬で機械が仕上げる工業製品ではなく、家具職人さんの手作りです。
手仕事って、ぬくもり感があってやっぱり素敵です。

P1050944.jpg



手掛パーツもかわいいです。

IMG_9788.jpg


4/10ごろには完成し、トリノスで見られる予定ですので、
興味のある方はぜひ実物をご覧になっていただけたら、と思います。


川田 幸代




[ 2018/04/05 15:28 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)

アプローチ 

先日お引き渡しをさせて頂いたH様邸
工事最後にアプローチの施工をさせて頂きました

枕木1

今回は枕木を埋めて廻りに砂利を敷きつめるものでしたが
枕木ひとつひとつを動かない用に固めているのがおわかりでしょうか

枕木2

経年でまわりの土がやせても、枕木がぐらつかない様にする処置だとおもいます
埋まってしまうところですが、見えない所での工夫ですね

枕木3

完成図です!
枕木をいかして、これからこのアプローチがどの様に変わっていくのか?
想像すると楽しくなりませんか?

  田中芳治






[ 2018/03/13 12:18 ] STAFFのひとりごと | TB(0) | CM(0)